脳神経外科で働く魅力は?

脳神経外科と聞くと、看護師の人は大変な科だというイメージがあると思います。実際に脳神経外科はどこの病院でも常に忙しく厳しい感じがするのは事実でしょう。脳神経外科という名前の通り脳や中枢神経系を専門とするところなので、患者の命の危険性が高い場所です。そのため医師はもちろん看護師も常に危機感を持って仕事をしなければなりません。当たり前ですが脳に関する知識は持っていないとだめですし、脳に症状が起こると体が麻痺したり不全となってしまうので意外にも介護的な要素も多いです。ですので介護の知識や技術も持っていないといけません。

案外体力勝負です。人の命の危険性が高い場所であるので新卒で配属されるのはどうなのか、という不安も持っている看護学生がいるようですが、逆にここが一番厳しくて大変な診療科だから、ここでやっていければどこへ行っても大丈夫だと思うことも出来ます。忙しいので手当てもつき、給料は高いことでも有名です。ここで働くのに重要なのは、患者が話すことが出来なかったり体を動かせなかったりすることが多いので、患者の様子を逐一観察して察する能力が必要です。また、家族などともうまくコミュニケーションをとる必要があります。忙しいので体力的にも充実していなければ自分が倒れてしまうことにもなります。前述したとおり興味があれば大変ですが新卒でも出来るところなので、努力する覚悟を持って頑張ってみるのもいいでしょう。

専門分野で働く高いモチベーションは、給与にも反映します。同期の中でもちょっとだけ優越感を味わうこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です